生命保険の終身保険の選び方

 

生命保険の終身保険の選び方

終身保険は死亡保障保険の代表的な存在でもあり、生命保険と言えば、ほとんど方がこの終身保険をイメージするのではないでしょうか。

終身保険は、保証が一生涯継続して解約返戻金が発生する保険です。そして保証期間が一定の期間に限定され、解約返戻金がない定期保険に比べて、保険料は割高になります。ただし、若いうちに加入した終身保険は、保険料もそれほど高くありません。そのため、健康な若いうちにしっかりした保証を確保しておくと、ある程度年齢がいってから定期保険で更新し続けるよりもお得になることが多いのです。たとえば、柱になる保証はなるべく若いうちに終身保険で確保しておき、保証を強めたい時期を定期保険で上乗せ保証するなどは、終身保険と定期保険を併用するときに考えられる加入方法です。

また、解約返戻金が発生する終身保険は、色々な使いまわしが効く生命保険でもあります。たとえば、定年前後で万一のリスクについてある程度読めるような場合は、解約返戻金を年金形式で受取るように変更したり、医療保障や介護年金に切り替えたりして活用することも可能です。

さらに、解約返戻金を外貨建てMMFで資金運用するための原資として利用するようなことも考えられます。様々な使い回しが効くキャッシュバリューを生命保険で確保する場合、終身保険は非常に有用性の高い保険だと言えるでしょう。

なお、終身保険は死亡保証以外にも、医療保障やがん保証などにも使われています。医療保障などを一生涯継続させたいと考えるなら、保険料が高くならないうちに加入しておくと良いでしょう。