生命保険の定期保険の選び方

 

生命保険の定期保険の選び方

生命保険には、基本となるいくつかの保険の種類があります。生命保険を大きく分けると、「定期保険」「終身保険」「養老保険」があります。このうち最も保険らしい保証形式を持つ生命保険が「定期保険」です。

定期保険とは、期間を限定して特定の保証を設定する保険です。したがって満期が設定されていますので、保証が一生涯続く「終身保険」とは正反対の保険です。また定期保険には全く貯蓄性がありませんので、解約しても解約返戻金が戻って来るということもありませんし、満期時に受取れる満期金も存在しません。そのかわり、同じ保証を設定した場合、定期保険が一番保険料は安くすみます。 そもそも保険の基本は、特定の期間について死亡や入院などの保証を低廉な保険料で確保するというところにあります。定期保険が最も保険らしい保険とよばれるのはそのためです。

定期保険は、保証期間がいつからいつまでと定まっている生命保険ですが、保証を継続したい場合は、新たに定期保険に加入し直す方法と自動的に継続する方法があります。新たに加入しなおして保証を継続する場合は、加入年齢が上がりますから保険料が高くなるということと、健康状態を再度告知し直す必要があります。自動更新の場合も更新時の年齢で保険料が再計算されますが、健康状態を再告知する必要はありません。そのため自動更新のほうが保証を継続しやすいとも言えます。

定期保険に加入する場合に注意したいのは、定期保険は期間限定の保証で、一生涯の保証ではないという点を忘れないということです。これは終身保険の特約として附帯する定期保険特約であっても同じです。自動更新を続けていけばそのたびに保険料も高くなってしまいますのでその点についても注意してください。